食後に耐えきれない睡魔に襲われたら病気のリスクが高くなる? | 鶴見でダイエットの事なら 松山漢方相談薬局へ

運動なし、リバウンドなし、
根本から改善する健康ダイエット!

専門スタッフがあなたの状態を個別に分析します!

ご予約・ご相談は 045-718-6801 10:00~20:00 定休:第2木曜・日曜

ダイエットコラム

食後に耐えきれない睡魔に襲われたら病気のリスクが高くなる?

2017.02.28 更新

こんにちは♪(v^_^)v

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ご飯を食べた後はお腹いっぱいになり、眠くなる事が多いと思います。

しかし、その眠気が軽いものなら問題ないのですが、耐えきれないくらいの眠気だと様々な病気のリスクになってしまうとても危険な行動なのです。

 

原因としては血糖値の問題で病気のリスクが高くなってしまうと言われています。

でも眠気と血糖値はどのような関係があるのでしょうか・・・?

 

よく食事の前に野菜を食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぐ事が出来るという言葉を耳にすると思います。

血糖値の急激な上昇により、血糖値は元の状態に戻そうと肥満ホルモンのインスリンを必要以上に分泌してしまうため、ひどい眠気が起きてしまうと言われています。

 

血糖値の上下が激しいことで精神的な悪影響や低血糖・糖尿病のリスクが高くなってしまうだけでなく、老化の原因にもなってしまいます。

 

では病気のリスクを高くしないために、血糖値の急激な上昇を防ぐにはどうしたら良いのか・・・

 

①食事は野菜や味噌汁、スープなどから食べる

②3食きっちりバランスの摂れた食事を心がける

③よく噛んで食事に時間をかける

④空腹時の甘いもの・間食は避ける

 

などの方法があります。

自分で食事に気をつけていてもなかなか食生活が改善が難しい方もいると思います。

松山漢方相談薬局では血糖値の急激な上昇を抑える商品も取り扱っているので一度ご相談ください。

 

yjimage

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

 

他にもめまい、耳鳴り、難聴、貧血、冷え性、低体温、不妊症、月経不順、生理痛、慢性疲労、皮膚炎、アトピー、アレルギー、発疹、湿疹、栄養失調、更年期障害、自律神経の乱れ、胃腸虚弱、不眠症、乾燥肌、がん予防、健康維持、腰痛、肩こり、関節痛、リウマチ、風邪、花粉症、インフルエンザなどお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。


関連ワードを検索: