お酒を飲んだ後に太るとわかっていてもシメでラーメンが食べたい! | 鶴見でダイエットの事なら 松山漢方相談薬局へ

運動なし、リバウンドなし、
根本から改善する健康ダイエット!

専門スタッフがあなたの状態を個別に分析します!

ご予約・ご相談は 045-718-6801 10:00~20:00 定休:第2木曜・日曜

ダイエットコラム

お酒を飲んだ後に太るとわかっていてもシメでラーメンが食べたい!

2018.10.19 更新

こんにちは(つД`)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

みなさんの周りの方、自分自身もシメのラーメンが食べたくなり食べに行ってしまうことがあると思います。

 

なぜ飲み会に行ってお酒をいっぱい飲んで、おつまみをたくさん食べてお腹いっぱいのはずなのにどうしてシメのラーメンが食べたくなるのでしょうか?

その理由と対処方法について載せていきたいと思います。

 

シメのラーメンが食べたくなる理由

①血糖値の関係

②体内の塩分が少なくなるため

③アルコール分解酵素が含まれるため

 

メのラーメンが食べたくなった時の対処方法

 

①シジミの味噌汁を飲む

②温かいお茶を飲む

③食べるものに注意

 

なぜシメのラーメンが食べたくなるのか・・・

血糖値の関係

 

アルコールは肝臓で分解され、糖分を蓄える働きがあります。しかし、アルコールを飲むことで糖分が蓄えられなくなり身体が糖分を欲しがることで糖分が豊富な炭水化物が食べたくなることが原因と言われています。

 

また肝臓はアルコール分解を優先させてしまうので、食べ物の分解は遅くなってしまいます。そのため低血糖になり満腹感が感じられなくなってしまいます。

 

体内の塩分が少なくなるため

 

アルコールを飲むことで塩分を過剰に排出され脱水症状になります。

そのため身体が塩分を欲しがりラーメンが食べたくなるのです。

 

アルコール分解酵素が含まれるため

 

アルコールを飲むと胃で吸収され血管に入り肝臓に送られ、肝臓でアルコールが分解されます。

アルコールを分解する時に栄養素として必須アミノ酸のアラニン・グルタミン酸・亜鉛・ビタミンB1が必要になります。その栄養素がラーメンに多く含まれていてシメのラーメンが食べたくなると言われています。

 

そこでカロリーの高いシメのラーメンを避けるためには

①シジミの味噌汁を飲む

 

シジミの味噌汁に含まれるタウリンは、アルコールを分解すると言われる肝臓の負担を軽減する働きがあるため、シメのラーメンを食べずにラーメンよりも低カロリーに抑えることが出来ます。

 

②温かいお茶を飲む

 

アルコールを飲んだ後は脱水症状になりやすいので温かいお茶を飲むことでシメのラーメンを避けられるかもしれません。

 

③食べるものに注意

 

シメのナッツ・・・血糖値を緩やかに上げてくれる

シメの漬物・・・塩分が多く含まれている

シメの梅おにぎりと味噌汁・・・イノシン酸が豊富に含まれている

 

などがシメのラーメンを避ける方法としてあります。どれも食べ過ぎは良くないため注意が必要です。

 

どうしてもラーメンが食べたい場合は汁は飲みきらないようにしたり、野菜が多いラーメンを選び野菜から先に食べることなど工夫して食べてみてください。

 

yjimage

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

しっかりと体重や脂肪を落としたい人はご相談ください。

 

他にも腰痛、関節痛、肩こり、イライラ、鼻炎、風邪、喘息、インフルエンザ、糖尿病、高脂血症、狭心症、婦人病、がん予防、貧血、便秘、動脈硬化、疲労、アトピー、ニキビ、蕁麻疹、食欲の低下、頻尿、低体温などお困りの症状がありましたらお電話でご予約してご相談ください。

 

また、10月1日より桜木町店がオープンになりました。

鶴見店のご予約は045-718-6801

桜木町店のご予約は045-341-4823

にお電話ください。