食べにくい食材を普段の食事にプラスすることによって食べるのに時間がかかり満腹感が上がる? | 鶴見でダイエットの事なら 松山漢方相談薬局へ

運動なし、リバウンドなし、
根本から改善する健康ダイエット!

専門スタッフがあなたの状態を個別に分析します!

ご予約・ご相談は 045-718-6801 10:00~20:00 定休:第2木曜・日曜

ダイエットコラム

食べにくい食材を普段の食事にプラスすることによって食べるのに時間がかかり満腹感が上がる?

2018.11.26 更新

こんにちはϵ( ‘Θ’ )϶

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ダイエットにも健康にも良いからと、よく噛もうと意識するようになってもなかなか癖が抜けずに早食いになってしまうということはありませんか?

そこで食事に食べにくい物を1品足すだけでも、食べるのに時間がかかり食事の時間が自然と長くなると言われていますが、その食べにくい食事とはどのような食材があるのでしょうか・・・?

 

①甲殻類

②1匹使った魚介類

③骨つき肉

 

などの食材がダイエットに良いと言われています。

それぞれのメリットについて・・・

 

①甲殻類

 

カニやエビなどの甲殻類を使った料理は殻をそのまま使って調理します。カニは殻ごとは食べることは出来ませんが。エビは食べるときに殻を取る人も多いと思います。そうすることで食べる時間が自然と長くなるので満腹感がより感じられると思います。

 

甲殻類は食べにくいだけでなく、歯ごたえもしっかりとあってさらに低糖質で低カロリーの食材になるのでダイエットには向いている食材になると思います。

 

②1匹使った魚介類

 

魚は骨を取って食べるのが面倒で嫌いな人も多いと思います。また、最近ではスーパーやコンビニなどで骨なしの魚が売っている所も多くなっています。

しかし、骨が無いと安心してよく噛まないで食べてしまうのでどうしても食べるスピードは早くなってしまいます。

 

魚は栄養もしっかり含まれていて低カロリーな食材になるので少し食べ過ぎてしまってもそんなに高カロリーにはならないので、ダイエットに向いている食材になります。

 

③骨つき肉

 

骨つき肉を食べる時はナイフやフォークなどを使って食べる人も居れば、それが面倒で手を使って食べる人が多いと思います。手を使ってしまうとやはり食べ方が汚く見えてしまったり、手が汚れるからと骨つき肉を避けている人が多いでしょう。

 

しかし、ナイフやフォークを使ってゆっくり食べることで時間がかかり、食事量が少しで満腹感を得ることが出来ます。

お肉も低カロリーな食材になるため、ダイエットしている人には嬉しい食材です。

 

お肉の部位によっては高カロリーな物もあるので注意が必要になります。

 

上記のように食べにくい食材が食事時間を延ばし、満腹感を与えられる物になります。

面倒だからと避けるのではなく、ダイエットのためにあえて食べるのが面倒くさい食事を取り入れても良いかもしれません。

 

ダイエットを成功させるためには食生活と生活習慣がとても大切になります。

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。一緒に食生活や生活習慣を見直して、少しずつ悪いところは改善してリバウンドのない習慣を身につけましょう。

 

yjimage

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約してご相談ください。