ダイエット中だけでなく健康維持の理想の昼食とは・・・? | 鶴見でダイエットの事なら 松山漢方相談薬局へ

運動なし、リバウンドなし、
根本から改善する健康ダイエット!

専門スタッフがあなたの状態を個別に分析します!

ご予約・ご相談は 045-718-6801 10:00~20:00 定休:第2木曜・日曜

ダイエットコラム

ダイエット中だけでなく健康維持の理想の昼食とは・・・?

2018.11.07 更新

こんにちはo(^▽^)o

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日はダイエット中の人だけでなく健康維持をする人にとっての理想の昼食の摂り方について載せていきたいと思います。

仕事の休憩の合間に昼食を摂る人が多いと思いますが、時間があまりなくゆっくり食べることが難しかったり、食事を抜いてしまっている人もいるでしょう。

しかし、そんな生活を続けてしまうと食事の栄養バランスも偏ってしまうため、太ってきた・肌荒れ・疲れやすいなど体調不良の原因となります。

 

では、ダイエットにも健康にも良い理想の昼食とはどのような物なのでしょうか・・・?

 

①昼食は抜かない

②決まった時間に食べる

③毎日同じ食事は避ける

④主食・主菜・副菜を摂る

 

昼食は抜かない

 

ダイエットでもそうですが、健康的に綺麗に痩せるためには食事制限などの無理なダイエットは返って太りやすくしてしまうやってはいけないダイエット方法の1つです。

食事を抜いてしまうと栄養バランスが乱れてしまい、体調にも悪影響を与えてしまいます。

 

決まった時間に食べる

 

朝食から5〜6時間経った時に昼食を食べるのが理想だと言われていますが、昼食がバラバラの時間だと習慣も乱れてしまいます。

朝食の時間からかなり時間が空いてしまうと昼食に過食の原因となってしまい、太りやすくなってしまう原因の1つになります。

 

毎日同じ食事は避ける

 

和食にしていたとしても毎日揚げ物だともちろん摂取カロリーも増え、脂肪が溜まりやすく太りやすくなってしまいます。

他にも毎日昼食を変えることによっても食事の栄養バランスも変わってくるので、昼食はなるべく毎日変えるようにしましょう。

 

主食・主菜・副菜を摂る

 

パスタ・カレー・丼ものなどは野菜が少なく、1品で終わってしまうものがほとんどです。そうなってしまうともちろん足りない栄養素も出てきてしまいます。

そうならないためにも外出した時は主食・主菜・副菜が採れる和食がオススメになります。

 

 

ダイエットや健康維持のために出来ることなら外食ではなく、栄養バランスの考えたお弁当を自分で作って昼食摂ることが一番理想ですが、外食をする際には上記のことに気をつけて食事を摂るようにしてください。

 

ダイエットで何をしていいか困っている人

どうしても痩せない

脂肪をしっかりと落としたい

 

ダイエットで何かお困りの人は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

yjimage

 

他にも体調不良で何かお困りの人はお電話でご予約してご相談ください。


関連ワードを検索: