入浴するのに効果的なのは食前と食後どっち? | 鶴見でダイエットの事なら 松山漢方相談薬局へ

運動なし、リバウンドなし、
根本から改善する健康ダイエット!

専門スタッフがあなたの状態を個別に分析します!

ご予約・ご相談は 045-718-6801 10:00~20:00 定休:第2木曜・日曜

ダイエットコラム

入浴するのに効果的なのは食前と食後どっち?

2018.05.22 更新

こんにちは@ ‘ェ’ @

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日は入浴するのにより効果が出るのは食前か食後のどちらの方が良いのでしょうか?

それぞれのメリット&デメリットについて載せていきたいと思います。

 

食後すぐに入浴することでのメリットとは・・・?

 

腹持ちが良くなる

 

食後すぐの入浴は胃の消化が悪くなると言われていますが、胃の消化が悪くなると言うことは腹持ちが良くなると一番太る原因である間食を防ぐことが出来ます。

 

食欲抑制

 

熱い湯船に浸かることで交感神経を刺激し、食欲を抑えることが出来ます。

 

ストレス解消

 

湯船に浸かることで交感神経だけでなく、副交感神経を刺激しβエンドルフィンという気持ちを落ち着かせるホルモンが分泌されることで、リラックス効果&睡眠の質を高くするなど、ダイエットにはとても良い効果があります。

 

食後すぐに入浴することでのデメリットとは・・・?

 

食後すぐに入浴することで消化不良を起こすと言われています。

消化をするのに胃にたくさんの血液が必要になります。入浴することで身体の表面にケ血液が集まりやすく、胃に十分な血液が送られなくなってしまいます。

十分な血液が送られなくなってしまうと胃液の分泌が減ってしまい、胃腸の運動も悪くなってしまうことで、消化不良が起こってしまうと言われています。

 

食前に入浴することでのメリットとは・・・?

 

代謝が上がる

 

お風呂に浸かることで血液のめぐりが良くなり、代謝が上がります。

基礎代謝が高い状態で食事をすれば食べた分のカロリーをいつも以上に消費してくれます。

 

空腹感を感じないため、食べ過ぎ防止になる

 

胃は温めると感覚が鈍くなると言われているので、空腹を感じにくくすることが出来ます。

また水圧によって胃が圧迫されるので食欲も自然に落ちることや、満腹感を感じやすいと言われています。

 

脂肪燃焼

 

脂肪が落ちやすいタイミングとしては血糖値が低い時、つまり空腹時の時に糖質がエネルギーとして使われるので脂肪が落ちやすいと言われています。

 

食前に入浴することでのデメリットとは・・・・

 

水分補給

 

お腹が空いている状態で入浴するとさらに水分が身体から抜けてしまうので、貧血が起こりやすくなってしまいます。

食前に入浴する時はしっかりと水分補給をするように注意してください。

 

時間を空けて食事を摂る

 

入浴してからすぐに食事を摂ってしまうと、消化にとても負担をかけてしまいます。

なので食前の入浴後は30分空けてから食事を摂るようにしてください。

 

上記のことから食前に入浴した方が、ダイエッターには嬉しいことばかりなので、今シャワーで済ませている方は是非食事前に湯船にゆっくり浸かってみてください。

 

他にも入浴剤などを入れてみて心も身体もスッキリさせましょう。

 

yjimage

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットで何かお困りの人はお電話でご予約してご相談ください。

 

他にもストレス、うつ病、糖尿病、高血圧、貧血、風邪、喘息、肺炎、狭心症、更年期障害、逆流性食道炎、ガン予防、めまい、むくみ、腹痛、腰痛、便秘、アトピー、蕁麻疹、肥満症、鼻炎、蓄膿症などでお困りの方お電話でご予約ください。